「チケットぴあ」 初日舞台挨拶チケット icon

2013年09月21日

映画「マダム・マーマレードの異常な謎 出題編」試写会

締切:2013年9月27日(金)
日時:2013年10月11日(金)18:00開場/18:30開映
場所:新宿明治安田生命ホール(東京・新宿)

【映画「マダム・マーマレードの異常な謎 出題編」試写会、お申し込みはこちらから!】



30年前に逝去した映画界の巨匠・藤堂俊之介。病に倒れた彼が死の間際に妻へ残したのは謎の言葉。「短編映画3本に秘密がある」。死期の迫る巨匠の妻から謎解きの依頼を受けたのは、この世で唯一、解けない謎がない女灯マダム・マーマレード。カタカタと回る映写機とライトの光の下、長きに渡って解けなかった謎がいま、少しずつ明らかにされる…。

参加型ゲーム・イベント「リアル脱出ゲーム」を映画化した『マダム・マーマレードの異常な謎 出題編』が10月25日(金)TOHOシネマズほか全国にて公開される。観客自身が謎を解く参加型ムービー“ナゾトキネマ”として製作された本作。主人公マダム・マーマレードには、川口春奈(『謝罪の王様』)。マダム・マーマレードを陰で支えるマダム・バルサミコには高畑淳子が好演する。さらに本作に隠された大きな“謎”を制限時間内に解き明かすことで、正解者500人は11月に公開を控えている『マダム・マーマレードの異常な謎 解答編』のエンドロールにおいて、歴史に名を刻むチャンスを与えられるという映画史上初の試みも。



マダム・マーマレードと暗い日曜日
堀田 延
講談社
売り上げランキング: 2,722




posted by 映画ファン at 11:44| Comment(0) | 映画試写会 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「陽だまりの彼女」試写会

締切:2013年9月27日(金)
日時:2013年10月4日(金)18:00開場/18:30開映
場所:よみうりホール(東京・有楽町)

【映画「陽だまりの彼女」試写会、お申し込みはこちらから!】



“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”といわれる越谷オサム氏の小説を映画化した『陽だまりの彼女』が10月12日(土)より全国東宝系にて公開される。『ソラニン』『僕等がいた』を手がけた三木孝治監督が手がける本作には、中学時代の幼なじみ、浩介と真緒に、5年ぶりの映画出演となる「嵐」の松本潤と上野樹里が抜擢。そのほか玉山鉄二(『綱引ちゃった!』)、菅田将暉(『共喰い』)、らイケメン俳優が脇を固める。さらに山下達郎が主題歌を担当し、本作を温かく包み込む。

陽だまりの彼女 (新潮文庫)
越谷 オサム
新潮社
売り上げランキング: 259


posted by 映画ファン at 11:38| Comment(0) | 映画試写会 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「スティーブ・ジョブズ追悼イベント「メモリアル・ジャパン・プレミア」日本<最速>」試写会

締切:2013年9月25日
日時:2013年10月3日(木) 18:00開場/18:15開演/18:40上映開始
場所:TOHOシネマズ六本木 スクリーン2
  (東京都港区六本木6-10-2六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)

【映画「スティーブ・ジョブズ」試写会、お申し込みはこちらから!】



スティーブ・ジョブズ:ラスト・メッセージ 〜天才が遺したもの〜 [DVD]
TCエンタテインメント (2012-05-02)
売り上げランキング: 18,462


スティーブ・ジョブズの真実[DVD]
ラインコミュニケーションズ (2012-05-20)
売り上げランキング: 19,371


posted by 映画ファン at 11:34| Comment(0) | 映画試写会 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

映画「ダイアナ」試写会

締切:2013年9月24日
日時:2013年9月30日(月)午後6時開場、6時30分開映
場所:MOVIX仙台・5番スクリーン(仙台市太白区)

【映画「ダイアナ」試写会、お申し込みはこちらから!】



同作品は、1997年8月に交通事故で不慮の死を遂げたダイアナ元英国皇太子妃の“真実の姿”を描いた物語。81年、20歳でチャールズ皇太子と結婚しウィリアム、ヘンリーの2人の王子に恵まれながら、皇太子の不倫問題や伝統重視の王室の世界で傷つき、離婚。それと前後して、地雷廃絶などの人道支援活動に情熱を注ぐ一方、新たな恋を重ねていく。本作品では、亡くなる前の2年間に主に焦点を合わせ、ダイアナ元妃がいかに変貌し、最期の瞬間まで一人の人間として何を追い求めていたのかを浮き彫りにしていく。

 メガホンを執るのは、「ヒトラー 〜最期の12日間〜」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。ダイアナを演じるのは、アカデミー賞に2度ノミネートされた実力派のナオミ・ワッツ。

 また、ショパールのジュエリー、ヴェルサーチのドレス、トッズの靴やバッグなど、ダイアナ元妃が愛用した数々のワードローブがスクリーンの中で甦る。王室が撮影許可したケンジントン宮殿の正門やガーデンの貴重な映像も見逃せない。





posted by 映画ファン at 02:40| Comment(0) | 映画試写会 仙台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。